広島研修報告会

   2018/07/31

 3年生が広島研修で学んだことを笠松町長さん、笠松町議会議長さんに報告しました。
 町長さんは、広島研修を通して、自分で考えて動くことの大切さを学び、それを、普段のあいさつや、周りの人と支え合うことにつなげていこうとしていることが地域の平和、国や世界の平和につながっていくと話してくださいました。笠松町も「道徳のまちづくり」の条例を作りがんばっている。気持ちのよいあいさつをすることや進んでボランティア活動をすることは決して小さなことではなく、それが地域を動かすことにつながると私たちの活動を力強く認めていただきました。町議会議長さんからも、広島研修で3年生の生徒が学んだ内容についてお褒めの言葉をいただきました。

 この様子は岐阜新聞で紹介されました。